9 25, 2008

母(おかん)[ ]

手術が終わった直後。

意識朦朧とする中、
気がついたら病室。


カーテンの隙間から
母が顔を覗かせ、

母 『大丈夫?』

私 『うーーーーん』(ボーっとしてます)

母 『麦茶作ってきたから♪』

   は? 麦茶??

看護婦さん 『!?』

おもむろにペットボトル2本を置く母。


手術直後で
まだ酸素吸入やら色んな
管がつながったままの私に

  麦茶って言った???


顔は腫れ、
人口呼吸器を外したばかりで
鼻の奥も
喉も何もかもが痛い!
流血してる、
苦しい!


とても何かを口に出来る状況ではないのは
一目瞭然。


 なのに麦茶!?
 しかも
 いかにも自分で麦から煮出してきたかのような
 言いっぷり。
 絶対水出しパックに決まってる。


点滴を付け替えてる
看護婦さんがひと言。

『あのっ 
担当医から許可が出ない限り
水分は一切取れませんからっ』


母 『あぁそうですか・・・』
  『でも水分いっぱいとらないと、ねぇ』

    ったく、風邪じゃないんだから・・・
    はぁー
    そんな付き添い(身内)いないよなー


看護婦さん(呆れ気味に)
『点滴から取れてますから大丈夫です』

ちょっと残念そうな母。

  ねぇ、なんで? 
  なんで開口一番が麦茶なの??
  しばらくは一切食べれないし
  飲めないって言っておいたのに!
  

それから程なく
担当医から術後の説明とやらを
神妙な顔つきで聞きにいった母。


私は嫌な予感がしていたが
朦朧といつの間にか
寝てしまっていた。

と、
気がついたら母が
ベッドの窓際で
椅子に座りながら
今度は、気持ちよさそーに
うつらうつらと
寝ている・・・。

  

  何しにきたんだろう・・・。


私 『先生、なんだって?』

母 『ん? あぁ・・寝ちゃった・・
   はぁー気持ちよかったぁ~』
  

私 (-"-) 『で?』

母 『うん、なんでもないって』

   

  (-"-)!

   それじゃわかんねー(イラッ)
   この人に頼んだのが間違いだった
   自分で聞けばよかった・・・
   だから来なくていいって言ったのにっ


そしたら驚いたことに
このおかんは、


母 『ねぇねぇ 
   あんた、田宮次郎って知ってる?』

  はぁぁぁぁ????

  寝てる間に
  『白い巨塔』のように
  教授回診でも来たの!?


母 『あのね、
   田宮次郎の息子で
   なんとかって俳優がいるんだけど
   手術した先生、すっごい似てて
   いい男なのよ~♪』


  イライラッーーーーーー(-"-)


すぐに帰したのは言うまでもない。


数日後・・・

今度はバナナを持ってきた。

しかも2本。

 飲めないって言ってんのに
 なんで食べ物?
 しかもなんで2本??


理由は食べきれないだろうから
一応2本ということらしい。


どこの世界にいるだろうか・・・


全身麻酔で
しかも人口呼吸器を気管まで?
入れての手術を終えた娘に
飲み物やら食べ物を
持ってくる母親が。


水分と栄養。
消化にもいい。

どうやら風邪と勘違いしてるらしい。
(ってそんなわけないんですが)


我が母ながら
今度こそ心底!
呆れてしまった。


食べれないとブチ切れながらも
また朦朧として寝てしまった私。


ハっと気がついたら
おかんがそのバナナを
食べてるっ(-_-;)

荷物になるのが嫌らしい。


恐るべし
うちのおかん。

ものすごい
トボけっぷりである。


もう心の底から
天然なのだ。

そんな母を
友人たちは

 『マユママ、可愛いじゃん♪』
 
または

 『それなりに一生懸命なんだよ』

などと言ってくれるが
自分の母親だったら

絶対!!

 イラッ てなるからぁーー!


入院中
『O型の説明書』を読んだ。

お察しのとおり
うちのおかんはO型。
(O型の方、すみませんっ)
m(__)m


何度もうなずき、
クスクスと笑ってしまった。

本当にその通りだと。

そんなおかんに似てるなんて
絶対!!
認めたくない私も
O型なんである。

っていうか家族全員O型。

もっと凄いのが
おじいちゃん、おばあちゃんも

  〝O型〟!

そう、
チョー純粋な
O型なんである。


確かに
叔父さんも
叔母さんも
み~んな
ちょっとずれてて
割りとボーっとしている。

(すみません!O型の方)

おばあちゃんは
いっつもニコニコしてて
なんでも〝だぁいじょうぶ〟
って顔してた。


あぁ
O型家族って
超楽天的。

全然慌てない。
ってか急げない。

急ぐとロクなことがない。


入院中、
母のあまりの天然ぷりに
イライラしたが
やっぱり私もO型。

〝まっいっか~〟精神の持ち主。


お陰で
怖~い手術もあまり深く考えず
受けられたのでありました。


実は
ここからが怖いんですが
また今度(^_^)/~


  


Lugar: 2008年09月25日 18:52

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)